Amazon.co.jp ウィジェット 忍者ブログ
In the mind:すとっぷのブログ。いろんなこと、考えたこと、思いついたこと、見つけた物の雑記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まっとうなファンドのお仕事
 低効率の企業を其の時のまっとうな価格で買収します。そこからファンド自体から、有能なアドバイザー、経営者を送り込んだりときちんと支援をする。そうして復活し、価値が高くなった会社の株を上場や、売却します。その差益がファンドの利益。
 その際人員削減というのを余りしません。其れはファンドの評判にかかわるから。人員削減を無理やりに推し進めるファンドは警戒されてしまって次からがうまくゆかないのです。

 さて、この場合、困ったものをまっとうに売れた旧オーナー・経営者、会社を運営する経営者、利益が出たファンド、潰れない+がんばれば給料が上がる社員、みんなうれしいですね。これはまっとうなファンドだと思われます。ファンド=ハゲタカと排斥するのは片寄った見方だと思われます。


ヤバいファンドのお仕事
 一方では、俗に言うハゲタカ・ファンドも存在します。彼らの手法・・・・
潰れかけた会社を買収。其れをばらばらに解体して、他に売る。社員を全員切り捨てて向上の土地を売ったり、設備を売ったり、技術をうったり・・・・そうして短期的に大きな利益をあげるというもの。
 旧オーナーは買い叩かれます、社員は職を失います、技術を失います、そして・・・ファンドだけがとくをする・・・・・これはヤバいファンド。(例・TBSは赤坂にいい土地があるから絶対ペイするといったホリエモン。経営アドバイスをほとんどせず、ただマスコミを利用して評判を稼いでいただけの村上ファンド・・・)


画像
買収ファンド―ハゲタカか、経営革命か

著者:和田 勉
価格:¥ 714
中古:¥ 78


 この本読んだ感じが以上のようなものなんですが、結構いろんな事例について詳しく書かれています。ファンドに理解を深めるにはいいかもしれませぬ。




PR
 ケチの息子(自分のこと)vsもういっぱいあとの人生、良いが欲しい親・・・・
えー、大変です。合意に達しません。

テレビを買う
 父親が強硬に37インチフルスペックハイビジョンどーたらこーたら。
私は・・・どう考えても32でじゅうぶん、32だったらフルスペックにこだわる必要ないぐらい小さいから普通のでいいって。ほらみても綺麗さ違うか???違わないんだったら安いのがいいって。ぜったい。

車を買う(まだ先だけど・・・
 父親→ランドクルーザっぽいのが欲しかったらしいけどそれはあきらめて、vwのGOLFに何時の間にか転向。FITは鼻がちょっと短いから厭らしい。
私→最初GOLFがいいかも!とかって思ってたけど、ホンダのFITと何が違うんだ、ちがわねーだろと思ってGOLF半分の値段のFITでよし!!

・・・・・あー結論がでない。。。w

さぁ、どっちが勝つか。。。。。すとっぷvsすとっぷ親


近況報告
とりあえず、もうずーっと料理続けてますね。それと読書一冊は毎日よんでるかも。
なんだか・・・ランキングで高校生のカテゴリーに入れるととっても浮いてしまってるので、今回は芸能関係がらみで。といってもまたお金がらみ。

またです。マニアの存在がある分野でマニアの嫌がるお金がらみの話題。

私が見るところによると音楽関係では不安定要素というのがかなり大きく見えます。
例えば・・・
メンバー同士の喧嘩、食い違い→解散
作曲が不調におちいる
体調不良等健康関連の問題
単に皆にうけるかうけないかという問題。


さて、モーニング娘によってこのうちのなんと3つの不安定要素が解決されます。

メンバー同士の喧嘩、食い違い→そもそも音楽作る人間は別の人だから音楽観による食い違いなんて無い。喧嘩は・・・メンバー多いしどっちか切り捨てれば済む話。
作曲→外注みたいなもん。だから一人がダメでも別の人につくらせれば済む話
健康関連→人数多いし別に一人ぐらいかけてもねぇ。騙し騙し出ても、その人のマイクだけボリューム下げればばれないでしょうw

ということで!!モーニング娘導入によって音楽に多少の安定的要素を加えることが出来ましたとさ!!ぱちぱちぱち。。
(無論すとっぷのかってな想像であって、裏取りはしてません。ただ・・・・自分は企業様たちはこのぐらいは考えてると思うよ。。さらにさらにもっとあくどいこと考えてるかもしれないし。)

ホントごめんなさいねモー娘ファンの人・・・。
ただ、世の中にはいろんなことを考え出す悪い人間がいるってことだけは知っといてください・・・・。

注。すとっぷは素直で純粋でだまされやすい性格であって、こんな悪いこと出来ません。ただし、この話は誰かの受け売りではなく私の頭から考え出されたものです(爆w
ついでに大学は商学部に行く予定です(汗””
 ネーミングってとっても大切です。まず結論から・・・・・

 今日友達が食べようとしているパンに「本格ソースカツサンド」とかいてあってださよ~とかって言った結果、今日は「本格」について書くと約束したので書きます。


 「本格」の何がいけないかというとですね、例えば。。。本場フランスのフランス料理に本格フランス料理なんてかきませんね?目の前でする山葵に本格山葵なんていいませんね?高給料亭に本格~~なんて修飾語つけませんね?そういうことです。本格、なんて書いてあるのは本格で無い証拠。というか、、本格でないこと更に意識させるからもう止めてくださいっていうことです。ふつうに「カツサンド」って書いてくれればいいですから。
本格、では無く最上級だとか本物だとか特選だとかつくとちょっとなんかいい気がしてしまいます。ただ、パッケージが重要ですけどね。安っぽいパッケージだと・・・そっぽ向かれるだけです。
(以下独り言・・・・いかに非価格競争がはげしいかよくわかる。。)


 化学の先生が「一般の人は化学薬品名に弱い、だから其の名前を適当に付けると売れる」と仰ってたんですが、そうは単純ではない。
ポリフェノール・イソフラボン・アルカリ・クメン・弱酸性・イオン→○ 
塩基・ピクリン酸・硫酸エステル・硫化なんたら・塩化なんたら・ヒドロキシなんたら・べんぜんへきさくろにど→洗剤とか強さを必要とするものに○やさしさを必要とするものに××
 
 大体酸がつくとネガティブなイメージですかね?いや、適当なイメージだけなんですけどね。まぁ、いい加減なもんです。でもこのいい加減な部分が大事で、そこをうまくクリアすることが大切な気がします。つまりはいかに人の心をつかむかってことですね。


(以下愚痴。こんなこと書いといていうのあれだけど、多分私は女の人の心をつかむのはとても苦手だと思われます・・・つまり、、、wだめなのですね。かといってなぁ、なんか女の人の心をつかむなんたらこんな方法あんな方法とかなんかたまにあるじゃないですか?・・・はっきり言って見るのすらきもいと思うすとっぷなのです。)

(以下愚痴+。私は文集委員なのでこのまえ卒業文集の企画ページ用にでアンケートをしたのですよ。其の中の質問で、「御相手さんに求めるもの」というの作って其の選択肢に「かわゆさ・うつくしさ・お金・背後に働く見えない力・フォース・漢字力」をつくったのですが・・・この選択肢に「愛」を入れない文集委員の自分と、選択肢が無くとも「愛」を書いてこなかった皆に失望wみんな~・・・大切なものを忘れないでおくれ!!!
 身の回りの様様なことからわかりやすく経済についてかかれていました。たとえが日本人にはちょっとわかりにくいけれども。今ひたすらもてはやされてる内容ぺらぺらの新書とやらとはちがって内容ずっしり。読むのにかなり時間かかりましたが、ためになると思います。ちょっと世界の見方が変わるかもしれませんよ。

書いてあったことの単純な羅列
 希少性の力。希少である事はつよいですよ。(例 マイクロソフト GE 等々・・・
     (反例 ライブドア、別に・・皆とやってることおなじだし。。真似しようとしたらかなりの少ない資金と技術力で出来る。よって希少性皆無。

 リカードさんのはなし。
自由貿易の強さ。保護貿易はよくない~!(理由を知りたいひとは本読んでね。
農業保護→国内の過剰な集約生産→肥料投下量大→環境破壊
自由貿易は200万人の失業を生むけれども、また200万人もの雇用も生み出す

 カプチーノ
カプチーノ150円お金の無い人はこれ
カプチーノ200円お金のちょっとある人はこれ
カプチーノ500円お金持ちはこれ。
ほんとうはどれも同じカプチーノ。お店は実はこうやって売りたい。

入札の様様な手法について
本当の株価、皆騙されているけど騙されていることが近道。
ゲーム理論

えぇ・・・。こんなことがかかれていました。受験中に読む本では・・・ないですねw


まっとうな経済学

画像

著者:ティム・ハーフォード

価格:¥ 1,890

出版社/著者からの内容紹介

賢い消費者、損をしない投資家、黒字国家、それにはみんなワケ
があった---。
経済理論を駆使して、毎日の買い物、投資家心理、国家財政まで、実体経済を動
かすしくみを根底から解き明かす!
大学生、ビジネスパーソン、公務員、政治家まで、経済活動にたずさわるすべて
の人の必読書!




 オタクの気持
此れを理解しない限りまず商売になりません。私の頭の中の経済学は合理よりも心理のウェイトが大変大きく、心理を抜きにした経済は考えられません。

 約2種類のおたくとマーケットの開拓
売り手の立場から考えて、一番良いのはたくさんの人にたくさん、かつ高額な商品を買ってもらうことです。つまり、深く広く。こうなれればベストですが、すべての人に好かれるコンテンツを作ることは大変難儀。というか、普通に考えて無理。さて、コンテンツ消費者を3種類に分けて簡単な分析まがいのことをしてみると・・・・

 激オタク
対象物に費やす割合が極端に高い・或る一定の閉鎖性を好む、新参者を余り好まない・コンテンツがお金儲けに走ってるという風に感じたとき嫌悪感を覚える・手抜きはありえない・期間は長期
 ぷちオタク
対象物は好きではあるがお金は余り費やさない・新参者を誘い込む傾向がある・コンテンツがお金儲けに走っていると感じたとき軽い不満を起こす・期間は中期
 その他+新参者
とっつきやすさが肝心・特定の物に対する興味ではなく様様なものに興味を持つ人間で構成される・コンテンツが金儲けだろうと何であろうとあまり感心を抱かない・よくわからない質とやらよりとりあえずおもしろいことが必要・期間は短期


とってもいい加減で恐縮ですが、友達や部活の人のガンダム等についての話を聞いたりして自分で判断して決め付けてます。もちろん、間の人とかいろんな人がいますがとりあえずおおまかなところで。さて、これらすべての人の気持を満足させることが出来た時、あなたは成功です。


ガンダムを商売としてみた時
 ごめんなさい、わたしはオタクっていったときにまず最初にガンオタが出てくる人間なのです。さて、オタクの人からすれば商売なんて見ただけでも吐き気がする人もいるでしょうが私の視点はかなりの確立でこっちからなので・・・。
 よくよく問題となるのが、ガンダムSEEDはクソだというはなしです。なんか、ぐろいので嫌いとか、そういう話も聞いたことがありますが其れは今回問題にならないので気にしない。問題はオタクはんの酷評です。私には残念ながらガンダムSEEDがクソだと見分ける能力も、また見た回数も無いので推測でゆきます。オタク心理から行くとこう推察されます。

ガンダムSEED・・・ガンダムファンのものという閉鎖性が無い(つまり大衆受け作品である)、手抜きである、これは金儲けのための作品だ (by ガンオタ

しかしおそらくコンテンツ製作者の視点はこうでした

オタクだけでは市場が狭い・儲からなければ仕方がない・主題歌ころころ変えて副業もちゃんとやる・必要の無い作画は避ける(コアな部分の質を上げても見てくれない)・わかりやすいストーリー・わかりにくいところを繰り返す

かれらはこれらによって新参者を増やそうとしたのですね。
うーん、、矛盾ですね、どうしますか・・・。


 つまり、彼らは新参者とオタクを天秤にかけたのですよ。如何シフトした方がより多くのお金を吐き出させることが出来るか。その結果今回のこういう戦略シフトになったんでしょうね。
 このように評価される作品を出すことは長期の顧客をロスとするという損失にはなりますが、今回其のウェイトは低いと判断されたのでしょう。よって大衆向けにシフトしたと考えられます。
 結局成功だったのかどうかはわからないけれども無難な戦略ではあるとおもいます。何故ならオタク受けのする作品を作るのは非常にむづかしいから。其れを作るには超オタクでなくてはならないけど、それですらすべる可能性や新参者がさっぱりな可能性があります。そうなったら・・・・赤字赤字赤字!!!


結論・・・オタク相手に商売するには自らオタク以上の超オタクであるひつようがあり、それが無理ならもっと安全な方向に投資した方が楽である。オタクの心をつかむのは至難の業であり、また「オタクを作り出す」ということには天才れべるのものを必要とされると思われる。つまり、自らが好きでどうしよもないオタクではない限りオタク相手の商売は相当にリスクの高い道であって、甘い幻想を抱いてはならない。自分が普通のレベルにいるならばオタクの経済は其の内部だけで回させた方が安全であり、下手に首を突っ込まないほうがよさそうである。

どうですかね?こんなんで。
以上すとっぷ的おたくうぉっちんぐ。
携帯料金って中学入試の問題になるんじゃない?

Aさんは、毎日5分の1の確率でN社の携帯電話を持っている友達に昼間に3分電話をします。(ただし、此方からかける確立は2分の1)
Aさんは、毎日3通のEメールをN社K社S社の携帯電話にそれぞれ送ります。(ただし、AさんがK社の場合Cメールとなる)
Aさんは毎日3通ずつのEメールをN社K社S社の携帯電話から受け取ります。(ただし、AさんがK社の場合Cメールとなる)
Aさんが夜電話するのは1日平均3分です。ただし其のほとんどが家の電話です。

さて、何処の料金プランの如何いう設定にすれば一番やすいでしょう?みたいな??w
 友達もマフィアについて書いてたので対抗して!!

 麻薬の取引
 麻薬は当然販売も当然違法で、総量は大変少なくなります。故に希少性がでて高価な値段で売るわけです。ところが・・・自分の縄張りに新参者が・・となると希少性が失われて利益が出なくなるわけです。となると、抗争です・・・・・まぁ、そんなこんなであまり良い商売ではないようです。

 クリーニング屋さん
 マフィア系列のクリーニング屋さんです。これが儲かります。何故・・・・・・
マフィアさんは客商売である飲食店が脅しに弱いのを知っています。飲食店に行きクリーニング屋さんに名刺でもだし、マフィアの名前をちらつかせるだけで十分。不当に高い値段でも、店としては其のクリーニング屋さんに頼まないと怖くて仕方ありません。其のマフィアは組織力が十分なので、チンピラの新参者なんて入ってきたところでもう権威だけでひねり潰すことができちゃうんですね。
 ああぁ・・マフィア騙りの事件とかもいっぱい起きてそう。
カウンター
とけい
カレンダー
04 2019/05 06
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(01/24)
(01/22)
(05/25)
(05/24)
(05/13)
(05/13)
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]
忍者ブログ [PR]